英会話

発音とイントネーションは大事!留学経験なし純ジャパ外資グローバル企業会社員の勉強法

スポンサーリンク

日本人の英語学習に語彙力や文法の前に、「英会話はマインドセットが大事」と述べた。

文法も語彙力も大事だが英語でビジネスをする上では話してなんぼのグローバル企業勤務。顧客は日本企業がメインだったので初めの頃は英語を喋る機会はなかったのだが、昇進して上司がアメリカ人になって週一回のオンラインで定例会議をすることになった。生粋のアメリカ育ちの上司にとっても現地ローカルの英語を母国語としない部下とのコミュニケーションは「未知との遭遇」であり初めの頃はギクシャクしていた。数ヶ月もすると次第にお互い慣れてきてジョークの1つや2つも飛び出すくらいの楽しい時間になった。

英語のリスニングは100%理解しないでも業務は回る

もともと英語に興味があって洋画や洋楽が好きだったので英語のリスニングは意外とできた。不思議と何を言っているかはわかった。勘も働いて、自分にベースのある話題であれば7〜8割は聞き取れた。飲みの席など自分のなかに基礎知識がないものになると6〜7割くらいに落ちていた。このくらい聴き取れたら仕事は全然回る。むしろ仕事だからこそ専門知識の中での会話なので100%聴き取れなくとも理解はできて業務は滞りなく進む。

確認しなければいけないような要になることを聞き逃したり、理解が追いつかなかった時は正直に「すみません、もう一度説明してもらっていいですか?」といえばアメリカ人はわかるまで丁寧に話してくれる傾向にある。この点は単民族の日本と異なるところだ。アメリカは移民の国なのでさまざまな価値観の中で生活をしている「分からなくて当然」という姿勢で動いている気がする。一方日本は単民族なので「言わないでも空気で察しろ」とか「普通はこうだ」みたいなツーカーが好まれる。相反する態度で面白い。

英会話はコミュニケーションの道具に過ぎない。でも自然な発音であればそれに越したことはない

日本語が母国語でない同僚の話仕方を聞いたり、他の日本人が英語を話しているのを聞いて「発音やイントネーションって大事だよな」と思うことがあり、教材を探したことがある。

完全にネイティブのような発音にならないでもいいが、それに近しいもしくは同等な発音になることで、聞き手も疲れない。相手に負担をかけなくて済むというのが1番の動機だった。会話はコミュニケーションの道具。自然であればそれに越したことはない。

ビジネスの本場アメリカの英発音に矯正。参考になった書籍

英語の発音といえばブリティッシュイングリッシュとアメリカンイングリッシュがある。どっちのキャラで行こうか迷ったが、ビジネスの主流はアメリカなのでアメリカンイングリッシュで行こうと決めた。自分の性格や話し方もアメリカの方がしっくりくる。

日本に出回っている書籍よりも洋書を選んだ。アメリカンアクセントに矯正しようとしている米国移住民のニーズがあるのか、いろんな本があった。その中で「American English Training」を選んだ。音声解説付き(英語)で英語独特のイントネーションや子音の発音を学ぶことができた。

音声学とか発声学というのか、英語圏ではない様々な国の人向けなのかイントネーションの違いの分析・解説もしている。ドイツ語のリズムとか日本のイントネーションを紹介されていて面白かった。中国人の英語の発音が矯正をすることでアメリカの英発音に変わる様子がサンプルにあり。明らかに矯正後はアメリカン!になっていた。ある程度英語を喋れるようになったらイントネーションに気を使ってレベルアップするには良い教材だと思う。

こちらもCHECK

PCタイピングする女性
公用語は英語が当たり前の環境で英文メールを書くときに意識していたこと

スポンサーリンク 英文でメールを書くことは今や珍しいことではない。ネットでちょっと検索しても、はたまた書店のビジネス書コーナーに行けば英文メールの書き方などといった情報はありふれている。とはいえ日本語 ...

続きを見る

スポンサーリンク

▼メルマガ登録願います!▼

ビジネスに役立つ情報を発信中!

  • Podcastでエピソードの編集後記

登録者には特典PDF配布中

  • グローバル企業勤務の真実
  • 世間の外資企業に対する誤解7つ

▼ご登録はこちらから

MANEJYUKUメルマガ

MANEJYUKUメルマガ登録-バナー

ポチッとクリックで応援してください!

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ

-英会話