コラム

ネットの情報は忖度なしのピュアなもの?否、結局マスメディアと変わらない

スポンサーリンク

スマホで自分から情報を取得可能になって陥りやすい勘違いが、テレビなどのマスメディアと違ってネットには利害関係や権威に忖度といったフィルターがなく”無修正”であり「正義」といった考え方がある。この発想には気をつけなくてはいけない点がある。

ネット記事にも忖度はある。なぜならビジネスだから

「ネット=正義」の発想の人には残念なお知らせだが、ネットに溢れている情報もマスメディアと同じく利害関係はある。

完全に草の根でネットからの収益は無収入で運用されている趣味のような発言であれば流石に忖度皆無のピュアな情報と言えなくもないが、多くの場合、拡散されて影響力あるネットの言論というものは「ビジネス」として運用されている。そうじゃないと思っても、そう思わせないような塩梅で情報配信がなされていたりする。

ネットでよく発言を見かけるインフルエンサーは情報発信力を武器にネット広告で収益を得て、それに依存して生計を立てている場合は少なからず「これを言ったり、やったりすると広告を外される」などを意識する。当然だ。彼らにも生活がある。

ネットでの商品紹介(アフィリエイト)も当たり前になってきた感があるが、似たような商品があればアフィリエイターに対する報酬額の多い商品の方がネットで紹介されるのは自然なこと。多くの紹介文がネット上に溢れる。損得勘定で言えば同じ文章を書くのであれば高い報酬のものに対して紹介文を書いたほうが労働に対する対価は高く、コスパがよい。ごく自然でかつ合理的な行動原理である。

こんな具合で我々が「無料」で入る情報には、どこかに利害が隠れているかを見極める必要が受け手にはある。これはマスメディアもインターネットの世界でも同じだ。

TV番組を我々が無料で見られる理由

我々がTVやラジオ番組を、機械を持っていれば、無料で視聴できるのは番組視聴を我々の代わりに広告主がお金を出して番組の制作費が賄われているからだ。お茶の間という表現が令和の時代にふさわしいか分からないが、マスメディアという存在がお茶の間(生活空間)にあまりにも自然に入り込んでいるが故にあまり普段意識することはないが無料で運用できるカラクリを考えてみると奥深い。

なぜ広告主は高いスポンサー費用を払ってまでTV CMを打つのか?それは費用対効果が見込めかつ数ある選択肢の中でもお得と考えているから利用しているのである。広告主にとっては自社製品、もしくは企業のブランドのイメージ、価値観を知ってもらい買ってもらうことにCMを打つ意義がある。いくら良いと思っている製品・ブランドも世の中に認知してもらえなければ消費者が購入してくれる確率も見込めない。広告費は企業にとって大切で必要な費用である。

ここで面白い話がある。TV番組で「続きはCMの後で」で「うゎーじらすなよ!」とか言う芸人・タレントなど番組出演者がいたら全然自分たちのビジネスの収益構造を理解していないと思って良い、なぜなら、うちの商品の紹介なんていいですからこのお金を使って良い番組を作ってくださいという企業でもない限り、自社の広告を高視聴率の番組で多くの人が見ているであろう時間帯に紹介してもらうことを期待して、企業は広告費を支払いスポンサーになっている。よってTV番組は突き詰めると”CMを見てもらうために番組がある”とも言い切れる。CMがあるからこそ番組制作ができ、その番組制作の一部として、タレント・芸人は呼ばれる。何のために?それは視聴率を上げてもらって広告主の支払う広告費を上げてもらうためにである。

マスから個人にダイレクトにアプローチ。カスタマイズされたスマホ広告は強力

最近はテレビを持っていない若い世代も多いので一概に言えなくなりつつあるが、大体一家のリビングや寝室にTVが一台はTVがあるとしたら、TV局の人気番組に広告費を払って自社製品・ブランドを知ってもらおうとする行為は安い。どれだけの人が見ているかの視聴率にも左右されるが、うん万人もの人口に見てもらえる可能性があるメディアの潜在能力は美味しい。

現在では一家のリビングや寝室に一台ではなく、手のひらにある。スマホである。広告を人々に届けるという戦場はTV旧来のマスメディアからネットに移った。しかもネット広告は個人の趣味嗜好に応じてカスタマイズができる広告なので効く。車に興味がない人に颯爽と煌びやかでスタイリッシュな自動車がワインディングロードを駆け抜ける映像を見せる必要がない。検索ワードや過去にクリックした広告バナーから「犬のしつけ」に興味があると判断すればこれでもかというほど「犬のしつけ」に関するネット広告を届けることができる。AIがあなたの過去の興味を収集し判断して広告配信しているのがネットの世界だからだ。

だからこそ気をつけて欲しいのが会社の部下との雑談の時に「最近さー水着や萌え萌えのネット広告ばかりスマホに出てくるんだよね〜参っちゃうよ」と周囲に漏らしてはいけない。なぜならその発言は過去にあなたが最近、水着や萌え萌えのバナー広告に惹かれクリック、もしくは水着や萌え萌えのキーワードで何かを検索したしたことがあることのカミングアウトと同義だからだ。参ってしまうのはその話を聞かされた部下達の方である。

若い世代ほど情報の取捨選択能力をつけるスキルは養われているかも

個人でも情報発信がしやすくなって、よくテレビなどのマスメディアに対峙する構造として、草の根メディアの個人発信が「ピュア」と言った風潮があるが、ビジネスとして運用されている場合忖度なしのピュアとも言い得ないこともあることを紹介した。

結局のところ「投資は自己判断自己責任で」みたいに自分で情報を取捨選択して判断する必要がある。ただし、生まれてからネットは当たり前の、ネットの情報に慣れ親しんだ若い世代などは多くの情報に触れながら生きてきているわけで「これは正しい情報・これは鵜呑みにできないな」など日常的に判断ができているのだと思う。なぜならAmazon Stickのように様々なネット番組にアクセスできる機能があらかじめ備わっているTOSHIBAのRegzaを買ったときに驚愕したのだが、YouTube、ニコニコ動画、Amazon Prime、Huluなどの中にもはや旧メディアである地デジのチャンネルは数あるチャンネルの中のただの1つに過ぎなくなっている。

地上波がクイズ番組、スイーツ食べ歩き、お笑いばかりでつまらなければ秒で番組をYouTubeとかに変えられてしまう。

私みたいにアラフォー世代で若い頃にメディアといったら「マス」しかなかった世代の方がかえって情報の取捨選択能力をつけるスキルを上げることが必要なのかもしれない。

結局優良な情報は有料。知らずに大衆の「当たり前」や「一般」に毒されてはいないか?

人気アーティストのCDの売り上げが300万枚だったり、同じお笑い番組を見て翌日そのお笑い番組のネタを教室の後ろの方で再現して喜んでいたアラフォー世代は、マスメディアによって「こういう発想が普通、こういうお笑いがウケる、今はやっている言葉はこれ、服装はコレ」などを標準化されてきたのかもしれない。

たまには全く今まで知り得なかった着眼点というものに触れる必要がある。残念ながらそういった情報は無料では提供されていない。洒落ではないが優良情報は有料である。今まで大衆の「当たり前」や「一般」に毒された我々にとって新たな着眼点を得られる情報に触れられるというのもネットの恩恵だと思う。今までは一部の人しか知り得なかった類の情報だ。そんな観点でおすすめできるのは著書80冊以上・国際政治学者の会員制番組だ。月間購読の有料番組だが、今までにない着眼点で最新の国際社会のニュースを切り込んでいくので多くの学びになる。日本人が知っておくべき世界の裏側も知ることができ、普段TVでニュースで報じられている案件を鵜呑みにしないスキルが身につく。初月無料で合わなければ無料期間中でもいつでも解約可能。

著書80冊以上国際政治学者がメディアでは報道されない国際政治の舞台裏、世界で何が繰り広げられているのかを解説

こちらもCHECK

PCで文字を書く女性
セールスライティング力。リスクなく会社を辞めて副業から収益を増やしたいときにまず身につけるべきスキルである理由

スポンサーリンク 終身雇用は崩壊し、誰もが名前を知っている一部上場企業も早期退職者を募ってソフトにリストラを行なっている現在。会社勤めをしていれば安定、食いっぱぐれることはないと安心してもいられない。 ...

続きを見る

スポンサーリンク

▼メルマガ登録願います!▼

ビジネスに役立つ情報を発信中!

  • Podcastでエピソードの編集後記

登録者には特典PDF配布中

  • グローバル企業勤務の真実
  • 世間の外資企業に対する誤解7つ

▼ご登録はこちらから

MANEJYUKUメルマガ

MANEJYUKUメルマガ登録-バナー

ポチッとクリックで応援してください!

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ

-コラム