コラム

品質志向が将来日本企業の海外との競争力の仇となる?グローバル企業から見て思ったこと。(2)

スポンサーリンク

前回からの続きである

品質へのこだわりはソフトウェアの場合、変化・進化のスピードについていけない

試しにやってみよう vs 石橋を叩く慎重さ

ソフトウェアは永遠のベータ版と言われていている。ユーザーからのフィードバックを得てレビューされ日々改良がなされていく。簡単に修正・改良ができないハードウェアを作る工程とそもそも発想が違う。「試しにTRYしてみよう」という米国東海岸のようなソフトウェア的な発想と「何か起きたらいけない」と慎重に何度も検証に検証、シミュレーションにシミュレーションを重ねるハードウェア的発想は真っ向に対立する。日本の品質というのはハードウェア的発想に位置する。

品質を追い求めるとスピードが落ちる。どっちが得策?

品質を追い求めるとスピードがついてこない。両方良いに越したことじはないが、ソフトウェアはあくまでもビジネスを遂行するためのツールである。日本人目線からすると気になる品質面も軽微なバグを受け入れつつ”うまいこと”使うのが得策だ。例えば、ソフトウェアのある機能に不具合があったとしよう。不具合にめくじらを立ててもバージョンアップで治る頃にはその機能事態がなくなり、全く新しい機能になっていたりするのが今日のソフトウェアだ。そういったスピード感でグローバルは動いていく。業務が止まるような致命的なバグを除いて語れば、スピードと品質(マニュアル類含め)を天秤にかければ。スピードの方が優位に立つ。そして”うまいこと”ソフトウェアの進化のスピードにユーザ側が対応できればビジネスは加速する。

しかも何もグローバルベンダーは日本だけが主戦場でない。海外各国のユーザーのフィードバックを受けグローバルで進化している。海外ライバル企業の「品質」が追いついた時には、数年前見えていた”背中”は遥か彼方にある。

新しいパッケージを導入すると混乱はつきもの。

真新しい機能、グローバル展開実績のある海外パッケージを良かれと思い導入し使っているうちに「品質」面で日本人視点で気になってくることが出てくる。ベースが海外であるため、そもそも日本語訳が微妙なものもあることだろう。日本市場に進出し数年たっているようなベンダーならだいぶ翻訳品質も洗練されてきているだろうが、日本進出してから日の浅いパッケージであればオリジナル言語である英語で使用した方が使いやすかったりする。翻訳のみならず動作としても明らかにおかしなところ(バグ)もちらほら見つけて気になる。

パッケージ導入プロジェクトの担当部門であれば、他の部門から問い合わせがひっきりなしにきて対応に時間を割かれる。本番稼働直後に起こる”あるある”の光景だ。この時期はパッケージ導入を後悔する時期でもある。海外ベンダー特有のことかというと私の考えは「否」だ。日本のベンダーの製品でもシステムを刷新した直後というのは、操作感など以前のアプリと異なり「昔の方が良かった」と文句を言われるのが常だった。時間が経てば操作を習得するのか、文句は自然と消えていく。

マニュアルを作っている暇と工数があったら、新機能を追加するスピード感

海外のソフトは日本のものと比べ詳細なマニュアルがないことが多い。iPhoneとかのマニュアルがないことを想像してもらいたいのだが、これは直感的に操作できるように元からデザインしているからであり。使っていれば覚えていくという思想のもとでそのようになっていると考えられる、分厚いマニュアル&詳細説明に慣れている日本企業にとってはカルチャーショック、カルチャーギャップである。しかもUpdateのスピードも速い。

ベンダーがマニュアルを元々作っていなければと良かれと思い、自前で人員、時間もコストもかけ分厚いユーザーマニュアルをこしらえ、関係部署に配る頃には、UpdateによりUIが大幅に刷新され全く使い物にならないといった笑えない事態も起きる。しかも新しい機能が追加されてたりする。

海外ソフトはそれほどまでにアグレッシブに進化をしていく。

次回に続く

こちらもCHECK

真面目なスーツ男性イメージ
品質志向が将来日本企業の海外との競争力の仇となる?グローバル企業から見て思ったこと。(3)

スポンサーリンク 前回の続きである。さて、ここまでは品質にこだわりすぎはソフトウェアの場合国際社会で変化・進化のスピードについていけないということを述べた。 日本は持ち前である品質を保ち、グローバルの ...

続きを見る

スポンサーリンク

▼メルマガ登録願います!▼

ビジネスに役立つ情報を発信中!

  • Podcastでエピソードの編集後記

登録者には特典PDF配布中

  • グローバル企業勤務の真実
  • 世間の外資企業に対する誤解7つ

▼ご登録はこちらから

MANEJYUKUメルマガ

MANEJYUKUメルマガ登録-バナー

ポチッとクリックで応援してください!

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ

-コラム