会員限定記事

将来プログラマ・SEになりたい人へ。大手メーカー常駐10年以上経験者が考えること - チェックすべき自分の特性2つ

スポンサーリンク

今では中高生の将来なりたい職業ランキングでも上位の人気のシステムエンジニア・プログラマー(以下、SE・PG)

Podcastでも語ったのだが、まさかSE・PGが中高生の人気の職種のトップにランクインする日が来るとは私がPG駆け出しだった頃(2005年前後)は夢にも思わなかったものだ。

20代から30代の前半まで、大手メーカーでSEをやっていたのだが、私が思う必要なスキル3点と、これからSE・PGを目指す方に、自分の進路を決めるにあたって考えると今後のキャリアプランが描きやすくなるチェックすべき自分の特性を2つを紹介したいと思う。

今回はチェックすべき自分の特性を2つを紹介する。

プログラマー・システムエンジニアを目指すときに考えたい自分の特性

将来「SE・PGでメシを食う」と決めた学生(もしくは現在既に社会人として駆け出しでキャリアを形成している人)に対して、私が何かアドバイスを求められたら、まず次の2点をじっくりと考えてみて欲しいと言うだろう。

長いキャリアや人生の中でSE・PGだけでなく、広く一般の社会人にも言えることかもしれないが、特に”技術系”の要素の強いIT業界では、次の2点を意識しているとしていないとでは、日頃の業務やスキルアップに割くべき自分の時間や学習内容に影響が出てくると思う。「あれも、これもしたい!」とバイタリティ溢れることは良いことなのだが、時間は有限なので、あれもコレもできるわけではない。Macの壁紙を30分おきに、英語の格言が書かれたもので変更されるように設定していているのだが、その中の一つで気に入っている言葉が「You can do anything, but not everything」である。

じっくりと自分自身を見つめて適正、どうなりたいかを見つめて、ターゲットを絞って、それに向かって走り出した方が、一寸先は闇で、将来は予測できないといえども、目的地に最短で到達する可能性を上げることができる。

ずっとIT技術を磨きたい(技術追求型)

日進月歩でいろんなキャラ(言語や技術)が登場してくるIT業界。それら最新のものキャッチアップして自分を常に磨いていきたい、一生!という人は「技術追求型」のジャンルに分けられる。

スポンサーリンク

▼メルマガ登録願います!▼

ビジネスに役立つ情報を発信中!

  • Podcastでエピソードの編集後記

登録者には特典PDF配布中

  • グローバル企業勤務の真実
  • 世間の外資企業に対する誤解7つ

▼ご登録はこちらから

MANEJYUKUメルマガ

MANEJYUKUメルマガ登録-バナー

ポチッとクリックで応援してください!

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ

-会員限定記事