テレワーク

在宅勤務(テレワーク)で体調を崩さないために心がけたこと

スポンサーリンク

外資なのでコロナ禍の前から在宅勤務は当たり前だった。特に申請・承認もなく個々人が好きなときに「今日は家で働くかー」とか「今日はオフィスにいこっかなー」そんなゆるい?感じだ。完全に個人の裁量に任されていた。「在宅勤務で部下の勤怠管理どうすればいいんだ?」と日本企業だと頭を悩ませているマネージャーも多いだろうが、そんな環境からすれば卒倒するかもしれない。メンバーを管理する立場としては、PCを立ち上げると自動的にTeamsやSkypeのメンバーのアイコンのドットがグリーンに変わるので、それをみて「ヨシ」って思ってた。

日本でコロナの緊急事態宣言が出る数ヶ月前、2020年明けてすぐには基本在宅勤務に切り替えていた。グローバル企業なので欧米現地の状況も情報Shareされ、コロナの拡散が深刻だったので、海外の様子はすかさず共有され「ただ事ではない」と日本法人でも察知できた。

在宅勤務で体調崩さないための心がけ

在宅勤務でも一日のリズムを作り、守る

これに尽きると思う。自由に「在宅か」「出社か」と選択肢がある場合はストレスを感じない。それが「在宅」一択になった瞬間心理的なストレスが生じる。どちらかを選べなくなるからだ。私の場合、コロナ以前、在宅勤務の時がレアだった。気分転換に週一くらい「今日は在宅にしよう」とか「午前は在宅にしよう」などしていた。これが、「在宅」一本になると、いかに電車での通勤時間というものが、これから仕事をするという気持ちの切り替えに寄与していたかを知った。在宅では通勤時間0秒だ。時間は節約できるのだが、気持ちの切り替えは追いつかなくなる。

同じ時間に仕事を始め、同じ時間に終わるようにメンバーに指示した。そうしないとリズムが崩れると家に仕事を持ち込んでいる状態なので、いくらでも仕事ができてしまう。正直、ALL在宅勤務で生産性は上がった。ただメンバーが残務を家でずっとやっていないかはグローバルのマネージャー陣でも話題になったことがある。

テレワークでもちゃんと着替える。上スーツ下はパジャマでもいい

格好のことは友人と話をしてて気づいたのだが、ちゃんと着替えるということも大事と感じた。上だけスーツ、下はパジャマという姿が在宅勤務スタイルとして揶揄されているが、それでもいいので、とにかく着替えて気持ちを仕事モードにすることは重要。仕事スイッチに入るきっかけとして着替えることは重要。ちなみにうちは普段私服だった。

テレワークの仕事場所を決める

家に書斎があれば問題ないのだが、多くの特に都内などの住宅事情だと難しい。ワンルームに一人暮らしだとなおさらだ。仕事モードの気持ちの切り替えに繋がるのだが、この一角は仕事の場所など決め切り替えることが大事と思った。そしてできればコタツでなく、長時間のPC操作でも体の負担がかからないようにデスクとチェアは準備したいとこだ。当分在宅勤務の籠城生活になると判断し、早々にもともと机は持っていたが、アメリカの本社で見て気になっていた昇降式のデスクを導入した。商売道具に投資は惜しんではいけない。

テレワークでも休む時は休む

休む時は休む。自分の時間は守るということも大事だ。昼食時間も同じ時間にするように心掛けて、その時間は仕事から離れることが大事。また途中の休憩もしっかりとることが大事だ。同僚や上司のちょっかい?がなく、在宅だと集中できるのはいいのだが、休憩を忘れがちになるので意識して休むようにする必要がある。休む時間も3時のおやつの時間などリズムをつけると効果的。

マネージャーとして心掛けていたこと

なるべくオフィスにいる時と同じ環境を仮想空間で作る

在宅勤務でメンバーが孤独感や疎外感を感じないように、雑談ができる環境づくりを試していた。Teamsのグループチャットに部署のメンバーを登録し、互いに業務連絡や雑談ができるようにした。特に雑談できるような環境づくりをした。というのも仕事の業務連絡だけのやりとりは息苦しくなるというのが理由だ。

先ほど、ちょっかい出されずに集中できると言ったが、私自身はグループチャットで部下にわざとちょっかいを出すように心掛けていた。可愛い猫の癒しの写真を脈絡なく投下したりと(笑)、部下数名がしっかり構ってくれたから滑らずに済んだのでホッとした。一応、オフィス環境の再現のテレワーク版のつもりだ。雑談やちょっかいの中で部下の話のトーンとかから体調面もさりげなく確認できる。

結果:在宅勤務の方がパフォーマンスが出るチームになった

手探りで始めた試みだが、最終的に部下から「今では在宅の方がパフォーマンス出るので好きになりました」という声も出てきた。在宅でもパフォーマンスを落とすどころか、在宅でこそパフォーマンスの出る動き方をチームが習得できたのは面白いエピソードとなった。

こちらもCHECK

頼りなさげな若年リーダー
リーダーシップ「俺について来い」の牽引型は時代遅れ。時代は黒子(サーバント)型。リーダーは頼りないくらいがちょうどいい理由

スポンサーリンク リーダーシップを思い浮かべると「俺について来い」と頼もしいリーダー像を想像してしまうかもしれない。 リーダーシップ「俺について来い」タイプは時代遅れ。古い 無理もないTVドラマや映画 ...

続きを見る

スポンサーリンク

▼メルマガ登録願います!▼

ビジネスに役立つ情報を発信中!

  • Podcastでエピソードの編集後記

登録者には特典PDF配布中

  • グローバル企業勤務の真実
  • 世間の外資企業に対する誤解7つ

▼ご登録はこちらから

MANEJYUKUメルマガ

MANEJYUKUメルマガ登録-バナー

ポチッとクリックで応援してください!

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ

-テレワーク