コラム

外資系の会社に転職。履歴書の書きなど採用選考過程で日米の大きな差3点

スポンサーリンク

終身雇用が特徴的だった日本社会。すでに崩壊していると言われているが、実際に働いていると同僚や部下がどんどん転職していく場面を目の当たりにして肌感覚でも実感している方も多いのではないか。2019年のTOYOTAの社長が「終身雇用を守っていくのは難しい」と発言し、日本社会に衝撃を与えたのは記憶に新しいかもしれない。

自分のキャリアは自分でデザインしていく時代に突入したと考える。
無論、自分の現在所属する場所で「勤め上げる、輝く!」と決めるのも良いアイディアだ。
転職することが「正」ではない。なりたい自分になるように自分で決め、行動するというのが「正」だと私は考える。

自分のキャリアを選択する上で、グローバルの外資企業(本記事では米国の例)で自分の能力を試してみたい場合。応募段階で日米の文化の違いに直面するので大きなものを3点紹介する。

履歴書に写真の添付はNG

様々な人種の方で構成されるアメリカ社会。雇用機会の均等にはシビアのようだ。履歴書には写真を貼ることはNG。というのも、アメリカでは就職において「雇用差別禁止法」というものがあるらしい。簡単にいえば、企業はその人を雇うかどうかを人種(見た目)・性別・年齢で判断してはいけないという法律のようだ。単民族の人種で構成される日本とは大きく違う文化である。面接官はA4数枚の文字だけのレジュメ(経歴書、CV)をみて面接段階へ進むか否かの判断を行うことになる。ほとんどの面接がこのコロナ禍もさることながら、海外本国の本社との面接になる。もちろん会社によって面接方法は異なるので一概にはいえないがおそらくビデオONでのオンライン面接になる。そのときに初めて応募者の顔を拝見する事になる。

履歴書は手描きNG。タイピングで提出

日本では履歴書をボールペンか万年筆で手書きだが、タイピングで提出というのも文化の差だと思う。応募者目線で見るとコピーが効くので負担が少ないので良い。ボールペンで履歴書を記述中終盤で誤記などして落胆した経験があるかもしれないが、その心配がなくなる。

入社には推薦人が必要

首尾良く面接が終了していよいよ入社という段階になると「推薦人をたててくれ」と採用担当の人事から言われる。これも日本にない文化だと思う。自分の上司がほとんどになると思うが、推薦状を自分の上長に書いてもらい会社に提出する。同僚など同じ役職のものでも出せないこともないようだが、「もっと上席の方からもらえませんか」と言われ再提出を求められたという話も聞いたことがある。どの役職の方からの推薦状が受け入れられるものかは会社ごとに異なる。ただ、推薦状自体は必要なので日頃自分の周囲の上司・同僚とは良好な関係を築いておくのが当然といえば当然だが、得策だ。

どの転職サイトを使用しているかなど詳細はPodcastで語っているので興味があれば登録していただきたい。

こちらもCHECK

PCタイピングする女性
公用語は英語が当たり前の環境で英文メールを書くときに意識していたこと

スポンサーリンク 英文でメールを書くことは今や珍しいことではない。ネットでちょっと検索しても、はたまた書店のビジネス書コーナーに行けば英文メールの書き方などといった情報はありふれている。とはいえ日本語 ...

続きを見る

スポンサーリンク

▼メルマガ登録願います!▼

ビジネスに役立つ情報を発信中!

  • Podcastでエピソードの編集後記

登録者には特典PDF配布中

  • グローバル企業勤務の真実
  • 世間の外資企業に対する誤解7つ

▼ご登録はこちらから

MANEJYUKUメルマガ

MANEJYUKUメルマガ登録-バナー

ポチッとクリックで応援してください!

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ

-コラム
-