コラム

バディは重要。ベンチャー企業の部署立ち上げ人材採用するなら最低2名以上が必須

スポンサーリンク

部署立ち上げてチームを組織する過程でや他部署を見て思ったことは、部署の立ち上げの際に人材採用をするなら最低でも2名以上が必須という点だ。自分も大変だったのだが同じく一人部署の同僚も一人であるというプレッシャーから潰れてしまった人も見てきた。

なぜ組織立ち上げ時に2名以上必要なのか

自分一人だけの部署は休めない

自分一人だけの部署で困ることは休めないということ。自分一人で人部署を担当しているとおちおち風邪をひいて倒れてられない。ベンチャーの外資だったので最悪他のタイムゾーンのチームのサポートを受けられるのだが、自分の担当しているタイムゾーンはヨーロッパ、アメリカにとっては夜で就寝中なのでいつも頼る訳にはいかない。

立ち上げ時に真っ先に動いたのは上司と相談して追加人員の確保のために予算承認を得て採用活動を行なった。結構早い段階に動いて採用活動も運よくスムーズに進み採用ごの人材育成も良いご縁に恵まれ、会社の風土にも馴染んでくれて立派な組織立ち上げメンバーになった。この際に採用したのは2名。もともとプレーヤーとして実績をあげてたのだったのだが、マネージャーになった瞬間にルールが変わったと認識し、「これからはマネージメントに専念する。手は動かさない」と役人に宣言していた。よって我が組織の実働部隊として2名、入社してもらった。

プレッシャーを一人で抱えることになる

プレッシャーを一人で抱えることになるになるストレスはバカにならない。本来発揮できる能力もストレスやプレッシャーによって発揮できずパフォーマンスが低下を招く。このことの重大性を理解しないで投資を渋るとコストの節約のつもりが逆に長期観点ではコスト高を招く。人材も含めて使えるリソースを極限まで突き詰めるのは利益を追求する団体である会社の宿命だが、リソースに余裕がないと不測の事態・有事の際に手も足も出なくなる。人材でいうと一人で部署を切りもりせざるを得ない環境でプレッシャーを常に感じているだけでキャパオーバーの閾値が下がる。

バディを持つことのメリット

一人で部署を切り盛りすることの危険性は述べたが、ではなぜ2人なのかというと2人入ればバディになれる。バディとは英語で仲間とか親友という意味がある。米軍でも、自衛隊、海上保安庁でも2にセットで行動している場面を映画で見たことがあると思う。この2人1セットが良い。

苦しい時に相談相手になる

2人1セットのバディを持つと苦しい時の相談相手になって互いを励ますという閑古湯が出来上がる。1人がピンチになればもう一人が手を差し伸べ、逆もしかりだ。助けが必要な時に助けを求められる相手がいるということは安心感が生じて心に余裕が生まれる。ストレスも軽減される。

互いに切磋琢磨する

バディを持てば互いに良きライバル関係になる。片方が頑張っているのにもう片方がサボるということはなかなかできない。相手が新しいスキルを身につけた時には自分も負けじと興味を持ちスキル向上に向けて動き出す。こんな感じで互いに切磋琢磨できる相手の存在は大きい。

こちらもCHECK

優秀な人ほど会社を退職するのはなぜか?

スポンサーリンク 早期退職募集など大手企業がリストラを進めて話題になるのは珍しくないことだ。 先日も自動車メーカー「ホンダ」が、今春に募集していた早期退職優遇制度に2000名超が応募したことが話題にな ...

続きを見る

スポンサーリンク

▼メルマガ登録願います!▼

ビジネスに役立つ情報を発信中!

  • Podcastでエピソードの編集後記

登録者には特典PDF配布中

  • グローバル企業勤務の真実
  • 世間の外資企業に対する誤解7つ

▼ご登録はこちらから

MANEJYUKUメルマガ

MANEJYUKUメルマガ登録-バナー

ポチッとクリックで応援してください!

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ

-コラム