コラム

日本の中小企業・大企業、外資企業の特徴概要。完全主観!

スポンサーリンク

日本企業と外資、中小零細企業から大企業まで働いてきて感じた違いをまとめてみた。それぞれに働き方のスタイルや雰囲気が異なっていて自分の性格やキャリアデザインに合った場所選びの参考になったらなと思う。

当然いろんな企業がありキャラも色々だ。私の感じた特徴と異なることも当然あると思う。全て合致するはずはない。参考程度のエンターテイメントとしてそれぞれの雰囲気が伝われば幸いだ。

日本企業の職場の様子。規模別

零細企業の特徴

零細企業の定義は実は法律上の明確な定義はなく、慣例的に資本金1,000万円以下、従業員が5人以下の企業を指すことが一般的。

5人以下の企業の雇われて働いたことはないが、現在フリーランスで働いているので、これが法人化したり従業員を雇い始めた場合該当するかもしれない。ちなみにフリーランスでも従業員は雇える。特徴としてはビジネス立ち上げ段階の「これから」ということが多いと考える。安定してても拡大はしない、少数精鋭で食っていくという会社もあるだろう。少数精鋭なので個々人のパフォーマンスはダイレクトに会社のパフォーマンスになる。

メリット

  • 将来ビジネスを自分でも立ち上げたいという人には横で生のビジネスの立ち上げ方を見ることができる。業種も一人で複数掛け持ちが当たり前。(社長は営業だけでなく会計、法務を兼任など)
  • 創業メンバーになって将来ビジネスが軌道に乗れば重役になれるチャンスがある。

デメリット

  • 安定は望めない。毎日が刺激的。
  • 社員教育は皆無。即戦力でないとそもそも入社できない。

中小企業の特徴

中小企業の定義は、中小企業基本法において明確な定義がある。

製造業の場合資本金3億円以下 または 従業者数300人以下
卸売業の場合資本金1億円以下 または 従業者数100人以下
小売業の場合資本金5千万円以下 または 従業者数50人以下
サービス業の場合資本金5千万円以下 または 従業者数100人以下

中小企業の特徴:従業員数50名以下

ソフトウェア業界にいたので、サービス業で説明する。30人規模になれば部署に分かれて組織だって動くようになってくる。各部署の人数は数名〜10人程度。流石にソフトウェアの開発部に所属しているのに経理部があれば業務で会計などすることはないが、部署の業務にまつわることは色々兼任できる。取引先は大手企業でだったりする。自社商品を扱っている場合もある。

自社商品を扱っているところと、企業から案件を受注する場合とでも対応に必要なスキルは異なってくる。その違いは、家を建てるイメージで例えると、大手企業が望む通りに家を建ててお金を得るのが後者。自分たちがデザインした家を顧客に売るためにどうするかと知恵を絞るのが前者だ。どちらか一方ではなく両方を相手にビジネスを展開している場合もある。

メリット

  • 部内での業務を兼任することもあるのでスキルアップにつながる(例:ウェブデザイナーがプログラムも書くなど)
  • 人手がないので自分がキャリアアップを望む職種全体を経験するチャンスに恵まれる。
  • 成果を上げたら全社あげて目立つ。昇進しやすい。

デメリット

  • 資金がそこまで潤沢ではないため世の中を変えるような大きなビジネスを展開しているようなところはレア。
  • どこかの請負か自社製品でもニッチを攻めるようなビジネス展開
  • 手厚い社員教育は望めない。そろそろ社員教育を整えないとなと考え出す段階。
  • 新卒採用はレア。随時採用なので同期はいない。
  • 仕事は大手からアウトソーシングされたものだったりする
  • アウトソーシングなど誰かに仕事をトスする余裕はない

大企業の特徴

意外にも大企業の法的な定義はなく、「中小企業以外の大きな会社」を指す。

大企業:従業員数1500名くらいの特徴

この規模になるとJASDAQとかに上場してたりもする。部署も同じ職種の部署が複数あって、構成人数も50〜数百人規模になる。同じ部署でも名前も顔も知らない人が出てくる。新卒も採用していて同期がいる。入社研修などもしっかりしている。会社規模も安定しているので従業員も何処か余裕が見られる。

メリット

  • 同期がいる。苦しい時に寂しくない。
  • 社内研修もあり教育に投資できている。
  • 自社製品が普通に市場に出回っていることがある。
  • 予算が取れるほどの説得力があればアウトソーシングなど誰かに仕事をトスできることもある

デメリット

  • 人数が多いので昇進ペースはゆっくり。

従業員数2000名くらいの大手企業の子会社の特徴

名前を聞けば誰もが知っている会社の子会社、孫会社というジャンルもある。社名に大手企業の名前が入っていたりする。

メリット

  • 大手企業の冠があるので響きがいい。給与もそこそこいい。
  • 母体の企業の施設を支えるので福利厚生が良い。
  • 予算が取れるほどの説得力があればアウトソーシングなど誰かに仕事をトスできることもある

デメリット

  • 業務内容は親の大手企業から受けるものが多い。
  • アイディアがあっても母体の企業の顔色を伺う必要がある

従業員数3万人名くらいの大企業の特徴

名前を聞けば誰もが知っている会社だったりする。社員教育、福利厚生、給与が恵まれている。自社製品がTV CMに出ていたり。街を歩いてもすぐ見かけたりもする。部署単位があたかも中小企業というイメージ。経理部と連携するために経理担当が部内に数人いる。関連子会社も多く抱え。出張に行くために航空機・新幹線予約を請け負う旅行会社を持っていたりする。社員食堂もあり。そこで働く人たちも自社グループの子会社だったりする。まさに自分の会社で経済圏ができているといっても過言でもない。

メリット

  • 給与が高い
  • 手厚い福利厚生がある
  • 資金があるので体力がある。若手でも大きなビジネスを回すチャンスがある。
  • ニュースを騒がすような仕事をする機会に恵まれる。
  • 非管理職であればある程度年齢や先輩の背中から順番が想像できる。
  • アウトソーシングなど誰かに仕事をトスできる
  • 海外出張のチャンスもある
  • 社外に転職せずとも社内の部署移動で全く異なった職種に着くことが可能。部署間での人事異動は毎年一定数行われている

デメリット

  • 官僚的。昇進ペースはゆっくり。
  • アウトソーシングなど誰かに仕事をトスすることが仕事のこともある

米国本社の外資企業の特徴

従業員数30名以下の外資ベンチャーの日本法人の特長

日本上陸数年レベル。既に母国で展開したビジネスを日本(アジア)市場に参入するのが目的だったりする。ビジネスモデルは既に確立されているのだが、現地法人(日本)に定着するかが未知数でそれが可能な立ち上げメンバーが集う。過去に業界で伝説を残してきた社員もいれば英語堪能で面接だけは上手で母国から採用されたようなメンバーも混ざる。立ち上げなので有能とみなされれば責任あるポジションをすぐに任せてもらえる。部署はあっても脆弱。今から組織になろうとしてくる段階

メリット

  • 高年収(ただのアメリカと日本との会社員の平均給与の差って説もある)
  • 結果を出せばすぐに昇給
  • 日本にいながら英語メインの環境で仕事ができる。

デメリット

  • 福利厚生は皆無
  • 重責から体調不良者や社員の流動性が激しい
  • だんだん日本の感覚とずれてくる(とにかく縛りがなく自由!)
  • 数年後日本に存在しているかわからない

従業員数40名くらいの外資ベンチャーの日本法人の特長

うまいこと市場に定着して「危なっかしさ」は無くなった段階。社内も組織が形成され、組織で動くようになってくる。現地での社員教育にも力を入れだす。社員も徐々に定着、離職率も減っていく。新卒も採用する余裕も出てくる。応募者も安心ができる人材が集まってくる。

メリット

  • 高年収が狙える
  • グローバルのフィールドで優秀な人と仕事ができる


デメリット

  • 福利厚生はほぼなし
  • 成長著しいので環境の変化に自分が追いつかない場合がある

米国の500名くらいの企業の特長

英語を喋っている以外日本と変わりなし(笑)給湯室もあればレクレーションサークルなんかもある。

ざっくり書こうと思ったら結構なボリュームになった。頃合いを見てPodcastや別投稿で書ききれなかったものも紹介したいと思う。

こちらもCHECK

チャートとビジネスマン
サブスク時代の新業種カスタマーサクセス(クライアントサクセス)部隊とは?

スポンサーリンク カスタマーサービスは聞いたことがあると思うがカスタマーサクセス。もしくはクライアントサクセスという言葉はあまり馴染みがないかもしれない。実は私が米国外資の会社でアジア太平洋地域のマネ ...

続きを見る

スポンサーリンク

▼メルマガ登録願います!▼

ビジネスに役立つ情報を発信中!

  • Podcastでエピソードの編集後記

登録者には特典PDF配布中

  • グローバル企業勤務の真実
  • 世間の外資企業に対する誤解7つ

▼ご登録はこちらから

MANEJYUKUメルマガ

MANEJYUKUメルマガ登録-バナー

ポチッとクリックで応援してください!

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ

-コラム
-