コラム

外資系転職で失敗・後悔しないためにおさえておきたいこと。

スポンサーリンク

年収が高いイメージがある外資系。確かに外資系企業に勤める人の平均年収はおよそ800万円と言われ、1,000万円超えも珍しくない。日本企業の平均給与が430万円代、上場企業の平均給与が630万円と言われているので高年収が狙える環境ではある。いくら綺麗事を言っても収入は高い方が単純に嬉しい。今置かれている環境でどのくらいのペースで昇進・昇給していくかや、どれほどの年収を狙えるかは、会社の先輩の姿を見ればある程度想像がつく。様々なビジネス書や資格を取得したり日々鍛錬し「刃を研ぐ」ことは大事だが、案外年収を上げるには、単純に「今いる自分の環境を変える」方が手っ取り早かったりする。

環境を変えると言う選択肢の中で、「外資に転職」というものもあるだろう。高年収に惑わされ、後で後悔や失敗したと思わないようにしたい。外資企業といえども様々な種類がある。

外資ベンチャーはよく考えた方がいい

日本に上陸して数年、もしくは上陸しようとしている外資ベンチャーはよく考えた方がいい。

デメリット:

  • 公用語が英語
  • 日本市場に馴染むか未知数、数年後撤退もありうる
  • 人材(リソース)不足は当たり前
  • 立ち上げ要員と言っても過言でないので業務量が多いと見込まれる

メリット:

  • 英語スキルが向上する
  • 日本でのビジネスが軌道に乗るかどうかは自分の頑張りにかかっているとリアルに実感できる
  • 立ち上げという貴重な経験はやり遂げたら自分のキャリアもさることながら自信に繋がる。
  • 数年後、日本市場に馴染み会社が成長したときに、立ち上げに携わったメンバーとして上席のポストが期待できる。

投資で言うとハイリスクハイリターンの案件。未知数な点が多いが化けたらすごいことになる伸びしろのあるジャンルと考える。よって、いつかは自分でビジネスを持ちたいなどと言った属性の野心的な人には悪くない就職先だ。逆に「安定」や「自分の時間」を重視すると言う人が間違って転職してしまったら、入社後に後悔と苦痛を味わうくらいミスマッチが起きる。ストレスからメンタル不調に陥りキャリアアップどころか、キャリア中断と言う事態にもなりかねないので要注意。

日本に完全に定着している外資

誰もが知っていて知名度が会社が実は外資だったりする。そうなるとすっかり日本の市場に馴染みかつ従業員数も多く、日本の大手と変わりばえしない可能性もある。

メリット:

  • すでに市場に馴染んでいるので働く側として安心感がある
  • 人材も潤沢
  • 日本の会社みたいでカルチャーショックがない

デメリット:

  • 日本の大手企業と変わらない可能性がある
  • 昇進スピードがSlow

投資で例えるとミドルリスク・ミドルリターンなのかもしれない。先程とは逆で自分でビジネスを持ちたいなど野心的な人には物足りなさを感じるかもしれない一方、安定志向の慎重派の転職者にとっては検討すべきタイプのジャンルになる。

まとめ

企業の採用面接をくぐり抜けるのはテクニックでどうにかなるかもしれないが、肝心なのは入社して「よかった」と感じられるか否か。転職は肉体的にも、精神的にも負担の大きい出来事だ。転職サイトの募集欄の年収レンジに惑わされずに、自分の属性を見極めて自分が進んでいきたいキャリアはどう言うものか、どう言ったタイプの会社が自分の属性に合うかを吟味し。入社後に後悔しないようにしたいものだ。

採用側の視点で語ったPodcastのエピソードがあるので興味があったらCheckしてもらいたい。

こちらもCHECK

履歴書の書き方イメージ
外資系の会社に転職。履歴書の書きなど採用選考過程で日米の大きな差3点

スポンサーリンク 終身雇用が特徴的だった日本社会。すでに崩壊していると言われているが、実際に働いていると同僚や部下がどんどん転職していく場面を目の当たりにして肌感覚でも実感している方も多いのではないか ...

続きを見る

スポンサーリンク

▼メルマガ登録願います!▼

ビジネスに役立つ情報を発信中!

  • Podcastでエピソードの編集後記

登録者には特典PDF配布中

  • グローバル企業勤務の真実
  • 世間の外資企業に対する誤解7つ

▼ご登録はこちらから

MANEJYUKUメルマガ

MANEJYUKUメルマガ登録-バナー

ポチッとクリックで応援してください!

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ

-コラム
-