コラム

リーダーシップ「俺について来い」の牽引型は時代遅れ。時代は黒子(サーバント)型。リーダーは頼りないくらいがちょうどいい理由

スポンサーリンク

リーダーシップを思い浮かべると「俺について来い」と頼もしいリーダー像を想像してしまうかもしれない。

リーダーシップ「俺について来い」タイプは時代遅れ。古い

無理もないTVドラマや映画などではそういった格好良いリーダが溢れている。だがこのカッコ良いリーダーを真似して自分が”リーダーシップを発揮”しようものなら、部下はシラけ思い通りに動いてくれなくて幻滅する未来が待っている。そもそも思い通りに動かそうとする考え自体ピントがずれている。

リーダーシップ「牽引型」と「サーバント型」

「俺について来い」系のリーダを「牽引型リーダー」という。一方、目標に向かって邁進する部下や仲間を「支援」するタイプのリーダーは「サーバント型リーダー」と呼ばれる。

どっちで働きたい?「サーバント型リーダー」と「牽引型リーダー」

質問だ。「サーバント型リーダー」と「牽引型リーダー」であればあなたはどちらのリーダーの下で働きたいだろうか?おそらく現在の感覚だと前者ではないだろうか。某転職サイトのアンケート「サーバント型と牽引型どちらと一緒に働きたいですか?」と言う問いの結果、8割近くがサーバントリーダーを選んだ。

外資勤務だったとき人事とマネジメント方法について定期的な意見交換会があったのだが、社員はサーバント型リーダーを好んでいたようだ。私も組織を立ち上げ人材採用活動を経て、チームメンバーが増えるにつれ本格的にピープルマネージメントが必要になったときに、どのタイプのマネージメントが自分の組織にマッチするかを考えた。そしてサーバント型を採用しマネージメントを行った。

リーダーは頼りないくらいがちょうどいい。その理由

サーバント型リーダーの目標に向かって邁進する部下や仲間を「支援」するタイプは黒子のようだ。それでいい。派手さは不要だ。さらに頼りないくらいに見えた方がちょうどいいとも考えていた。

メンバー育成に寄与する「自分がどうにかしないと」と危機意識を持つ

なぜ、頼りないくらいがちょうど良いかというと、新しい部下などが中途で入社してきたときに相手はリーダーに「牽引型」を求めていたりする場合が多い。なぜならそれがリーダー像と思われているのがまだ一般的であり、大多数だからだ。そのギャップから埋めていかないといけない。初めが肝心だ。

そんなリーダーはこの職場にはいないと諦めさせ、「なんか頼りないなー。じゃ自分で調べてみよ」とか「上司にやらすより俺がやった方がいい」と部下が自分で考え、動くように舵を切る方が指示待ち人間ができあがらないので組織の成長戦略上良い。権限はどんどん委譲して部下に動いてもらう方が自分が不在でも回り、しかも自動的に成長していく組織が出来上がる。「丸投げされた」と思われない良いバランスを取りながら上司から権限委譲されれば部下はモチベーションが上がる。自由なアイディアも出る組織になっていく。

牽引型は権限委譲できないリーダーに陥りがち

リーダーで伸び悩むタイプは権限委譲ができない人が多い。自分でやってしまうタイプだ。気持ちはわかる。自分で慣れたタスクをした方が早いし、正確、何よりも安心だ。だがこうやって自分で「牽引」すると組織の能力の限界=は自分の能力になってしまう。数年経っても組織は今の状態と変わり映えしないだろう。同じようにいつも忙しいし、同じように自分がいないと組織は回らないし、同じように部下は自分の指示を待っているだろう。

正直、権限委譲は恐怖だ。自分でやった方が早いし安心だ。だが、組織立ち上げ時はそうかもしれないが、その判断は将来の組織の成長を阻害する原因となる。数年後「俺について来い」タイプの牽引型で部下に権限委譲できないリーダの組織は数年経っても数年前と同じ状態。

一方上手に権限委譲に成功した組織は当初の想像を超えた高みに成長している可能性がある。なぜならメンバーが独自に自由に動ける良い職場環境にあるからだ。メンバー同士の強みは活かされ弱みはフォローし合うという美しい流れがリーダー不在でも行われる。

部下をフォローする、部下からフォローされるリーダー

戦略的にわざと頼りないリーダーを演じるのはいいと述べたが、時間が経つにつれ、本当に頼りないリーダーになってはいけない。舐められてしまう。「やっぱりうちのリーダーだよな!」と部下を筆頭に周囲の関係者に慕われ「いっちょ助けてやるか」とフォローされるように肝心なときには矢面に立つリーダシップは必要だ。そうでないと誰もフォローしてくれないのは明らかだ。

部下に仕事を任せ、権限委譲をするときも「丸投げ」と思われないように注意をする必要がある。日頃から1on1ミーティングで部下がどう思っているかなどをチェックして上司部下で考え方捉え方にギャップがないかをチェックすると良い。

部下をフォローする、部下からフォローされる。部下のなりたい夢を上司がサポート、上司は自分のビジョンを部下を通じて実現してもらう。そんなフラットな関係、環境づくりが現代のリーダーシップにマッチすると思う。

フォローされるリーダについては宇宙兄弟が表紙で宇宙兄弟のストーリーでわかりやすく説明しているビジネス書が参考になった。興味があれば手に取ってみると良い。

こちらもCHECK

座禅を組む女性
マネージャーに必要なスキル感情のコントロール習得法。外部刺激に反応しないブレない心の育て方

スポンサーリンク マネージャーが身につけたいスキルはいくつかあるが「感情のコントロール」について取り上げる。 頼れるリーダーの共通点。落ち着きがある 「頼れるリーダー」を想像して欲しい。落ち着きがあっ ...

続きを見る

スポンサーリンク

▼メルマガ登録願います!▼

ビジネスに役立つ情報を発信中!

  • Podcastでエピソードの編集後記

登録者には特典PDF配布中

  • グローバル企業勤務の真実
  • 世間の外資企業に対する誤解7つ

▼ご登録はこちらから

MANEJYUKUメルマガ

MANEJYUKUメルマガ登録-バナー

ポチッとクリックで応援してください!

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ

-コラム
-