おすすめ書籍

世間の一般常識を疑え!バイアスにかかる危険性。歴史認識も然り

スポンサーリンク

情報操作とは虚偽だけではない 肝心なことを伝えないパターンもある

別にマスメディアが悪というわけではないですが、
メディアが大衆の「当たり前」や「一般」を形成しているのでは?
と言うことをことを、以前話しました。

普段目にする情報(しかも無料)のみを盲信する危険性を述べました。

それって本当にあなたの考え?

まるで空気のように見聞きしている情報、
果たして偏りがないのでしょうか?

いつの間にやら、
一つの方向に誘導されてはいないでしょうか?

例を挙げてみます。

選択肢がAとBの2つがあります。
あなたは自由にAとBのどちらも選ぶことができるので、
Aを選びました。

何故なら様々な情報を検討した結果、
Aが魅力的に見えたからです。

ここで考えてみてください
自由意思で、Aを選んだように見えますが、

それは事実でしょうか?

選択する際に様々な情報を参照にしたと思います。
でも、この情報自体に仕掛けがあったらどうでしょう?

意図的にAを選択させるように、
情報を操作されていないとも言えません。

例えば、ブランドバックや高級外車です。
欲しいな、いいなと思った人は、毒されています。

マーケティングの仕掛けに
まんまと反応しています。

そういったものを手にすることが
「成功」とか「セレブ」とか「憧れ」など、
しっかりと洗脳されています。

肝心なことを伝えない情報操作

さらに、
情報操作とは何も
嘘の情報を伝えることだけではありません。

嘘ではなく真実を並べて伝えても、
肝心な情報を伝えないと言うのも、
立派な情報操作です。

ネットのSNSで、
多角的に情報が触れられる時代ですので、
今度TVのニュースの報道を見るときに
何が伝えられて、何が伝えられていないかに
注目してみてください。

「世間の一般」が思考停止を招き本来の事実が見えなくなる

意図的に情報をひた隠しにしてる場合の方が
発信者に意図があるので、
まだマシかもしれません。

と言うのも、

発信している本人自体が
悪意がなく、バイアスにかかった情報を
無意識に拡散している場合
があるからです。

こっちの方が厄介です。

どう言うことかというと、
あまりにも世間の一般常識として定着している事象などの場合、
情報発信をしている側も
”世間の一般常識”のバイアスにかかっていることに気づかずに
良かれと思って、誤情報を拡散することがあります。

少し話は逸れますが、
以前、苦労した顧客は「自分が正義」と言うタイプでした。

「〇〇機能は便利なので必要!ソフトウェアに実装すべきだ」
など

言っていることは確かにごもっともなのですが、
大体、人の思い付く改善点などは、
すでに何十回も何千回も検討済みだったりします。

それで何がしかの理由で「却下」の判断をしているものです。

先の例の場合、
こちらが”なぜ、その機能が実装されていないか”の事情をいくら説明しても

「俺は正義、〇〇はこうあるべき」の思考の人は
聞く耳がない
です。

何が言いたいかというと、
バイアスにかかる恐ろしさです。

一度「こうだ!」と思い込んだことを
人間はなかなか変えられないもの
です。

ニュートラルな立ち位置で物事を見るには訓練が必要。歴史認識も然り

知らないうちに”一般常識”に毒されている可能性があるので
ニュートラルな立ち位置で判断するには訓練が必要です。

何かを情報を得て
「えーそれは知らなかったな。目から鱗だ」と言うものは
あなたにとって良い情報です。

何故なら「えー!」と驚いていると言うことは
今まであまり触れてきていない情報という証拠だからです

日本って、本当に弱っちい国なんですか?

歴史認識も然りです。
江戸時代(1720年ごろ)世界の都市の人口の第1位は江戸の100万人でした。
ちなみに2位はイギリス・ロンドンで63万人です。
アメリカ・ニューヨークに至っては6.3万人ほどであったのは有名です。

太平洋戦争(正確には大東亜戦争)で、

日本は勝てるはずもない大国であるアメリカに挑んだのは無謀だったのでしょうか?
日本は本当に小さな国なのだろうか?

公立学校出身のアラフォーですが、
特に第2次世界大戦あたりは、
学校の歴史の授業でもそもそも「教わっていない」です。

学期末に差し掛かり駆け足で進んでたかと思うと、
学年が上がるたびにスキップしがちになって、
とうとう取り上げられなくなっていました。

普通、学年が上がるたびに内容が濃くなっていくはずなのに。
スキップです。

大人になっていろいろ歴史を勉強してみたのですが、
そもそも教科書に書かれていたこと自体も怪しいです。

もし太平洋戦争の時代、戦後の日本に興味があれば、
読んでみてもらいたい書籍が下記
です。

標準的な日本の義務教育しか受けてこなかったのであれば、
目から鱗の情報になります。

国際政治学者が、アメリカで47年間封印されていた元大統領の書籍「裏切られた自由」を元に日米大戦の本質を解き明かす書籍

スポンサーリンク

地上波が報じない世界のタブー

何か大きな事件事故が起こると
メディアはどこも同じような報道をしていることに
疑問を持ったことはありませんか?

  • メディアの言っていることは偏っている
  • 本当の歴史を学びたい
  • ニュース報道の意図は何かを知って、情報に踊らされたくない
  • ヤフコメみていると「哀れに思う」
  • 日本人が「愛国者」を語れないのはおかしい

そんな方には、おすすめの動画があります。
「知ってはいけない世界の裏側」ビデオ講座

歴史を知り、今の世界情勢の裏側を知ることは
自分を守ること、将来の日本人を守ることにつながります

著書80冊以上の国際政治学者のビデオ講座
「日本人が知っておくべき世界の裏側」

439人のレビューで平均満足度4.7の
全6講義セットです。
詳細は下記リンクをクリックしてみてみてください

世界の裏側講座を無料で手に入れる

こちらもCHECK

遣唐使の船
百田尚樹氏の「禁断の中国史」を読んでみた感想

スポンサーリンク 中国の歴史を知ることは彼らの根底を理解すること 映画「永遠の0」の作者でおなじみの作家百田尚樹の「禁断の中国史」を読んでみました。 隣国の歴史を知ることは、その方々の文化や思考パター ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

応援クリックお願いします!


ネットビジネスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク

▼メルマガ登録願います!▼

ビジネスに役立つ情報を発信中!
メルマガ登録特典あり

MANEJYUKUメルマガ登録-PVドーピング

-おすすめ書籍